エンリッチドエア2017

エンリッチドエア・ナイトロックスを楽しもう♪


エンリッチ2016内容1.jpg
エンリッチ2016内容2.jpg

hanahigeR001.gif<エンリッチド・エアとは?>
今までのダイビングで使用した空気とは、約79%の窒素、21%の酸素で構成されています。
エンリッチド・エアとは、その日のダイビングスタイル(地形・講習内容)にあわせて、酸素の割合を増やす事が出来ます。

酸素濃度を上げるという事は、窒素の体内吸収の割合を下げ、減圧症のリスクを下げる効果、休息時間を少なく出来るなど様々なメリットがあり、今までの空気に比べて安全性が上がるという事は、言うまでもありません。
当店では、世界標準の、32%、36%を中心に、ダイビング目的に応じた酸素濃度のエンリッチド・エアを提供する事が出来る数少ないエンリッチド・エア・提供ダイビングサービスです。

hanahigeR001.gif<エンリッチド・エア・ダイビングのメリットは?>
・窒素の吸収を抑えるので、当然、窒素排出時間が格段に早くなります。飛行機搭乗前日の予定が立てやすくなります。

例えば、今迄18時間は当然あけてはいたものの、連日のダイビングにより、窒素排出時間が18時間を上回り、翌日の10時発の飛行機の場合、前日の3本目が潜れなかった・・・というような場合でも、エンリッチド・エア・ダイビングなら窒素の吸収が少なく、安全にダイビングが可能になります。
(※たとえ窒素排出時間が、18時間より短くても、最低18時間は飛行機搭乗まであけて頂くという従来のスタイルに変更はありません。)

・耳が抜けやすい。
・疲れにくい。
・視界がハッキリする。
・寒さを感じない。
・呼吸回数が減る。タンクのエアーが長持ち

 (以上は個人差がありますが、実際に体験された方のコメントです。)

jump2.gif 今までのダイビングとは遥かに違う快適さが待っています。

沖永良部島のダイビングポイントは、20m~30mに見所が多いポイントが数多くあります。
これらの水深で快適に安全に長くダイビングをするのに、エンリッチド・エアは最適のダイビングスタイルです。
20m~30m付近の地形をじっくり撮影するなんて事も、エンリッチド・エアなら安全に行えます。

・お問い合わせはこちら→ エンリッチドエアナイトロックスについてお問い合わせgif